Linuxコマンド備忘録 その2

普通なら端末開いてコマンドを直接打つところですが、おなじコマンドのセットを何度も繰り返しやるとなると非常に面倒。
そんなときに、ちょっとシェルスクリプトにかいといて必要なときに実行できるようにすれば楽ちんです。
でもsudoが必要なコマンドは、ひと工夫必要です。
調べたら割と情報出てくるんですけど、自分の中で「助かった度」が高かったのでメモに残しておきます。

先に書いておきますが、この方法、セキュリティ的にはおすすめしません。
もちろん何か問題が起こっても、当サイトは責任を負いきれません・・・。
これをご承知置き頂いた上で、問題ないと判断したときにお使いください。

自分の場合は、ライブラリのバージョン切り替えをするときにワンラインで実行できたらなーと思ったんですが、ライブラリはスーパーユーザーじゃないと操作できない場所にあるので ただコマンド書いただけじゃ動いてくれません。

もちろん、sudoコマンドを単純に付け加えるだけでは残念ながらパスワードを求められるところで入力待ちになってしまいます。

そこで、以下のようにスクリプトを書いてやります。

使っているのは、「echoコマンド」と「sudoコマンドのオプション指定(-S)」です。

echoコマンドは皆さんご存じ、「引数で指定した内容を標準出力に出力」するコマンドです。

そしてsudoコマンドのオプションには、「-S」を指定しています。
これは「パスワードを端末ではなく標準入力から読み込む」というもの。

これらが二つ組み合わせれば、自動的にパスワードを入力してくれるという訳です。

話それるんですが、いつも書いてるシェルスクリプトの1行目、シバン(シェバン)[shebang]っていうんですね。
割と知らずに使ってること、他にもあるからたまに恥かくんですよねー・・・
調べてみると いろいろバリエーションもあるようで、結構奥が深そうでした。
いずれ調べてみようかなぁ、と思いました。

今回はここまで。それでは。


◇本日のお品◇

sudoで検索かけてみたら、なんかヒットしました。
初めて知ったんですがスドーというペット用品会社のお品のようです。
ていうか普通に人間が食べても行けそうな気がすごいします。
昔飼ってた犬がおいしそうに食べてるドッグフード、すごい味がした記憶がよみがえってきました(笑)

最近リアルの友達がペットをかわいがっているのを見て非常にうらやましい。
ペット飼いたい。イヌ ネコ ウサギあたりを。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存